中村静香、ホステス役でメ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』出演決定!

中村静香、メ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』出演




女優中村静香(なかむら しずか)が、2018年1月15日(月)よりスタートするメ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』に出演することが明らかになった。

本ドラマは、女優・松井玲奈(まつい れな)主演で、名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着したメ~テレ(名古屋テレビ)ドラマ『名古屋行き最終列車』第6弾。第5弾まではスペシャルドラマとして放送を重ねてきたが、今回は全10話の 連続ドラマとして展開。名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマとして、1月15日(月)から毎週月曜深夜にオンエアされる。

中村静香、メ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』出演
中村静香、 今野浩喜

なんと、今回、名古屋行き最終列車ではなく「名古屋発最終列車」も登場!今野浩喜は今回のドラマで「新たな演技の境地に達した」とコメントしている。 アガサ・クリスティばりの密室推理(コメディ)だ。

中村静香、メ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』出演
野間口徹、 中村静香、 今野浩喜

【中村静香からのコメント】

人間のズルさがぎゅっと詰まったドラマになったのでは。
私の役柄はホステス。 色仕かけで女を武器に罪を逃れようとするけど、 そう上手くもいかず(笑)ピンチに追いやられた人間はこんなに薄っぺらくなるんだ、 と笑いながら見てほしいです。
ワンシチュエーションものという事で缶詰め状態で朝から晩まで撮影。
撮影終わりで行った名古屋の鰻と日本酒は染みるほど美味しかったです。
数日間だったけど濃密な日々でした。

【中村 静香 Profile】

(なかむら しずか)
グラビアアイドル・女優
所属事務所:オスカープロモーション

・生年月日:1988年9月9日
・出身地:京都府
・血液型:O型
・身長:163cm
・3サイズ:B88・W60・H86

ドラマ『勇者ヨシヒコと魔王の城』『ごめんね青春!』『毒島ゆり子のせきらら日記』『緊急取調室』、映画『幸福(しあわせ)のスイッチ』『太秦ライムライト』『アラグレ2 ROPPONGI v.s.SHIBUYA』(※)など出演。『ゴッドタン』アイドル飲み姿カワイイGP4連覇。2016年、宇治観光大使に就任。

【開局55周年記念番組 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」番組概要】

メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」

【放送情報】 2018年1月15日(月)スタート
毎週月曜 深夜0時20分 ~ 0時50分(全10話)
【放送エリア】 東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)
【出演者】
松井玲奈  六角精児
大杉漣  吹越満  松下由樹
石野真子  野間口徹  今野浩喜  関太(タイムマシーン3号) 小林豊(BOYS AND MEN)波岡一喜  黒川芽以  宮﨑香蓮  谷花音
<2018新規出演者!>宇野実彩子(AAA)  堀内敬子  矢本悠馬  内山信二  中村静香  佐戸井けん太  渡辺いっけい
【企画意図】
電車を地球そのもの、 人生の縮図と考え、 普段はレールのように決して交わらないそれぞれ関係のない人々が
ふとしたきっかけで交錯し、 そこから発展していくドラマを地域色豊かに描かれる。
平凡な人生もひとつ電車を乗り過ごしただけでとんでもない事に巻き込まれたり人生を変える出会いがあったり、
生きていること自体の奇跡と、 生きていることへの感謝を、 表現するドラマ。
帰宅方向が都会から郊外へと向かう人々ではなく逆方向の少数派の人々の人生を描いている。
彼らの人生の忘れ物が補填されるエンターテインメントなストーリーを楽しもう。
【内容】
名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、 笑いあり、 涙あり、 人情あり、 コメディありのストーリー。さまざまなドラマや舞台での演技が高い評価を得ている松井玲奈をはじめ、 個性豊かな俳優陣が登場する。
【スタッフ】
脚本:菊原共基  チーフプロデューサー:川本謙一  プロデューサー:神道俊浩
監督:大池雅光、 平林克理  技術:恒川正次

▼新・番組Website
https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2018/

◎情報提供:メ~テレ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です