戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズに就任!

戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズ




女優・戸田恵梨香(とだ えりか)が、フランスのコスメティック・ブランド「ランコム(LANCÔME)」のミューズ”に起用された。ランコムのアジアマーケット戦略の一環として、日本・韓国・中国のキャストを新たにランコム ミューズとして迎えていく動きの中で、日本人初となる“ランコム ミューズ” 就任となった。

戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズ

戸田恵梨香

【戸田 恵梨香からのコメント】

「ランコム ミューズに選んでいただき、本当に光栄です。女性が未来に向かって輝けるよう、橋渡しのような存在になれるということは、この仕事をやっていて本当に良かったと思える瞬間です。日本の皆様にランコムをもっと身近に感じていけるよう、活動していきたいです。そして『Women’s day』を通じて、輝く女性たちを応援していきたいです。」


戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズ

戸田恵梨香は、その可憐なルックスとは裏腹にコメディアからシリアスまで幅広い演技で魅了し、30代を目前に女優としてのキャリアはもちろん、プライベートも大切にする自立した一人の女性として輝く姿が、まさにランコム ミューズにふさわしいとして、今回の起用に至った。“ランコム ミューズ” は、ブランドの世界観を体現する輝く女性として、動画やビジュアル、ランコムが主催するイベントへの出演等、様々な活動を行う。1935年の創業以来、ミューズはジュリア・ロバーツやペネロペ・クルスら世界のスター女優が務めてきた。日本人初のミューズとなる戸田恵梨香のランコム ミューズとしての活動は【2018 Women’s Day キャンペーン】 から始まる。

戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズ

「Women’s Day(国際⼥性デー)」は、毎年3月8日に国連が定める記念日。日本ではまだ馴染みがないが、世界では近しい⼥性に感謝の気持ちを込めて花を贈る風習が根付いている。ランコムは、すべての⼥性をたたえる「Women’s Day」に合わせ、ブランドアイコンでもあるバラの花を送り、⼥性の輝く笑顔の輪を繋げて幸せの連鎖を⽣み出すキャンペーンを実施する。戸田恵梨香はランコム ミューズとしてメッセンジャーとなり、本日、ハッピーウーマンズデーをテーマに笑顔でいる秘訣や感謝を伝えたい女性へのメッセージを発表した。

戸田恵梨香、日本初のランコム ミューズ

戸田恵梨香は「女性が未来に向かって輝けるように橋渡しの存在になりたい。」と抱負を語った。彼女は今年2018年8月17日に30歳の誕生日を迎えるが、「美味しい食事をしたり、空や海を眺めたり、自然と触れ合うことで心を満たすと体調もよくなります。」と、美しさの秘訣を明かした。

▼戸田恵梨香の動画メッセージも公開♪

ランコムは、1935年のブランド創設以来80年間にわたって、⼥性を美しくするだけでなく幸せにする化粧品を作り続けてきた。また、ランコムを展開する日本ロレアルは、⼥性社員がライフステージに応じて柔軟にキャリアを築けるよう様々な勤務体系の提供や、日本ユネスコ国内委員会との協⼒のもと「ロレアル-ユネスコ⼥性科学者日本奨励賞」を創設するなど、社会における⼥性の活躍を推進している。

今回、ランコムは活動の一環として「Women’s Day」に合わせSNS投稿キャンペーンを開始。2月26日~3月31日の期間中、指定のハッシュタグをつけて笑顔の写真もしくは感謝を伝えたい人と一緒に映っている写真をInstagram/Twitter に投稿した人の中から、戸田恵梨香直筆のメッセージ入りの特別プレゼントを5名様にプレゼント♪

▼キャンペーン詳細はこちら:
https://www.wwdjapan.com/s/548862

【戸田 恵梨香・PROFILE(プロフィール)】

・生年月日: 1988年8月17日
・出身地: 兵庫県

「エンジン」(2005年/CX)、「野ブタ。をプロデュース」(2005年/NTV)で注目を浴びる。
「DEATH NOTE デスノート」2部作(2006年)で映画デビューを飾り、圧倒的な人気を獲得。
近年では「LIAR GAME」シリーズ(2007/2009/2010年)、「SPEC」シリーズ(2010/2012/2013年)を大ヒットに導いた。その他の出演作は、「駆込み女と駆出し男」(2015年)、「エイプリルフールズ」(2015年)、「リバース」(2017/TBS)「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(2008/2010/2017年)など多数。

◎情報提供:ランコム