天才シンガー・鈴木瑛美子、高校生として最後の楽曲「Can’t take my eyes off of you」リリース!

鈴木瑛美子 「Can’t take my eyes off of you」




歌うま高校生として注目を集めるシンガー・鈴木瑛美子が3月23日、第3弾となる新曲「Can’t take my eyes off of you」をLINE RECORDSよりリリースした。TV番組やCMでその圧倒的な歌声で、「歌うま高校生」として注目を集めている鈴木瑛美子。彼女が、今回第三弾シングルとして歌うのは、邦題「君の瞳に恋してる」のカバーソング「Can’t take my eyes off of you」だ。

鈴木瑛美子 「Can’t take my eyes off of you」

きっかけは、映画『ジャージー・ボーイズ』で原曲「Can’t Take My Eyes Off You」が流れたシーンを見て感動したこと。気がつけばメロディを口ずさんでいるほど魅了されている自身に気付き、楽曲制作を決意。

昨年LINE RECORDSからリリースした2曲、「みんな空の下」・「Listen」は、自身の過去の経験やエピソードからインスピレーションを受けて楽曲を制作したが、今回はこれからの未来や夢に向かって明るく弾けることをイメージして、制作に取り組んだ。原曲のイメージを壊さないようにしながらも、鈴木瑛美子の個性を感じて頂けるように、また、どうすれば歌詞をしっかりと表現出来るかを考えながらアレンジしていきました。自身で歌うコーラス(ハモリ)は、こだわりの一つ。

4月からは大学生となり、アーティスト写真も今回の「Can’t take my eyes off of you」のリリースに合わせて一新。少し大人の女性として成長した姿を表現できるように、衣装も自身でコーディネートした。この一年間は、LINE RECORDSからの楽曲制作をはじめTV出演、CM出演、ゲーム音楽、YouTube企画、イベントやコンサート、家族でリリースしたCDアルバムなど、活動の幅を広げてきたが、今後は、映画音楽やミュージカル等にも目を向け、さらに積極的に音楽活動を広げて行く予定。彼女の今後に期待が高まる。

【鈴木瑛美子からのコメント】

今回の楽曲は、皆さまにはお馴染みの曲だと思います。実は、たくさんのアーティストさんが色々なアレンジで歌われているということは、歌うことを決めた後から知りました(笑)。なので、とにかく自分らしくこの曲を表現したいと思いました。間奏のギターソロの直後に、ブレイクして気持ちを解放して自由に思いっきりフェイクしていく流れは、とても気に入っています。コーラス(ハモリ)も自分で歌っていますので、そこはぜひ聴いて欲しいです。新しいアーティスト写真やジャケット写真も気に入ってもらえると嬉しいなと思います。本当はドレスのパターンでも撮影していたのですが、今回はジャケットのものにしました。ドレスのパターンはまたの機会に温めておこうと思います。どこかでドレスの方は公開するかもしれませんね!笑
「Can’t take my eyes off of you」を聴いて頂く皆さまが笑顔になりますように!どうぞお楽しみください!

【鈴木瑛美子・PROFILE(プロフィール)】

鈴木瑛美子

鈴木瑛美子

シンガー

・生年月日:1999年5月16日
・出身地:千葉県

4歳の時から毎年、保育教材CDに歌手として参加、また実の家族のコーラスグループ「スギモト・ファミリー」の一員としてステージで歌ってきた。7歳の時には、自作(作詞・作曲)で「ヤマハ・なかよしソングフェスティバル」に3年連続で出場するなど才能を発揮。
2012年3月フジテレビ「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦SP」では、The Jackson 5「I Want You Back」を歌い、全国の話題に。
2015年には「全国ゴスペルコンテスト(ゴスペル甲子園)」でボーカル部門優勝に輝き、次世代を担うシンガーとして脚光を浴びた。2016年9月、テレビ朝日「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」では高得点を連発し「最強アマチュア女子高生」として大注目を集めた。2017年、スナック菓子メーカー「湖池屋」のTVCMに起用され、テーマ曲である「100% SONG」のMUSIC VIDEOが動画共有サイトで100万回再生を超え話題となった。
その後、世界的デザイナー山本寛斎氏がプロデュースするファッションイベント「日本元気プロジェクト2017 スーパーエネルギー!!」に出演。圧倒的な歌唱力を披露した。
そして7月、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」第一弾シンガーとして「みんな空の下」カバーを発表。9月には第二弾カバー曲「Listen」も発表。

◎情報提供:LINE株式会社